transit

los cabos


「今、来ている低気圧、そうとう大きそうだから、今日明日、店は閉めるよ」
ダイバースシップの窓から、十一月の重たい曇り空を眺めながら、
アルバイトのミアに声をかける。
「弟が帰ってくるんだよ、空港に迎えに行くから、一緒に乗ってかないか。
 そのままミ・カサで食事しようよ」
いいよ、とミアは答えて、コリコリと数字を書き込んでいたノートをパタンと閉じた。

ミアを乗せてサン・ホセ空港に向かう途中、考えてみると、
弟が帰ってくるのは、ほぼ三年ぶりだった。
弟は、サンフランシスコのエアポートホテルでポーターをやりながら、
小説を書いていると言っていた。

カミノ・レアルを過ぎたあたりで、ミアに話し掛ける。
「タランティーノのジャッキー・ブラウンって観た?」
「観てない。キル・ビルは観たよ、1も2も。なんで?」
「サン・ホセ空港が出てくるんだよ。主人公が、ロスとサン・ホセを往復している
 国際線のスチワーデスなんだ。こっそりコカインを運んだりしてるんだけどね」
「へえ、そうなんだ、面白いの?」
観光客をホテルから空港へ運ぶバンを追い抜きながら答える。
「地味だけどいいよ、Metersもかかるしね。でも、キル・ビルは最高だったな」
「キル・ビルは、最高だよ。あたしもリストつくりたくなったもん」
「殺しの?」
「まさか、かたづけなきゃいけないこととか」
「入金とか?」
「そう」

ミアは、黒地に濃い赤と濃いピンクの花が刺繍されたポシェットを開けて
ガムを取り出し、ひとつ口に放り込んだ。
九月にうちのダイバースショップを利用した日本人のカップルが、
よくしてもらったお礼、と言ってミアにくれた。
「それ、どこから買ってきたんだっけ?彼等」
「これ?これはね、サンホセ・デルカボで買ったらしいよ」

弟は、彼女を連れてくると言っていた。
わざわざ、連れてくるくらいだから、きっと結婚するんだろう。
弟達がロス・カボスにいる間に、サンホセ・デルカボに連れて行って、
弟の彼女に、このポシェットを買ってやろうと思った。



Los Cabos
[PR]
by ayu_livre | 2012-09-24 21:31