transit

<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Ravello

ビア・ルーフォロの音楽会で演奏するのは好きだ。
われわれオーケストラは、断崖からせり出すようにしてつくられたステージで
Wagnerを演奏する。
眼の前には、かつてWagnerが所有していた別荘と庭園、
背後には、夕闇のアマルフィ海岸がひろがる。

わたしの住むナポリからラベッロへは、
娘の運転するゾエ・イエローのAlfa Romeoで来た。
会話は少なかったがとても快適な時間だった。
わたしは、今日演奏する曲のタッチを頭の中で確認し、
娘は、よく晴れた海岸線のワインディングで、正確にシフトを上下させた。

午後九時に演奏が終わると、すぐ近くのアマルフィの港で花火があがるのが見えた。
乾いた夏のいい匂いがした。

アマルフィの街までおりて、教会の近くのリストランテで食事をした。
ミラノの音楽大学でセロを教えている娘と
二人だけで食事をするのはひさしぶりだった。

せっかくなので、ムール貝といっしょに
シチリア産の白ワインをデキャンタで頼んだが
娘も私も相変わらず酒に弱く、水ばかり飲んでいて
お互いに笑ってしまった。

店を出ると小雨が降り出していて、
夏の夜の喧噪が、すっかり落ち着いていた。

海岸沿いの駐車場に停車しているAlfa Romeoまでゆっくりと歩きながら
街灯に照らされ、しっとりと発光しているようなゾエ・イエローのボディを眺め、
「きれいな色だな」と思った。

娘は、帰りも行きと同じように、ワインディングに合わせて
正確にシフトを上下させ、ナポリを目指した。

娘の生活について何も聞こうとは思わなかった。
わたしも行きと同じように、今日演奏した曲のタッチを頭の中で確認していた。
いつまでも瑞々しいWagnerの旋律を。



Ravello
[PR]
by ayu_livre | 2008-06-14 09:10