transit

Palerumo

レジョ・ディ・カラブリアのフェリーターミナルが少しずつ遠くなる。
冷たい霧雨の中、フェリーの後方デッキで
イタリア本土と海にできるフェリーの轍を眺めている。

ミラノのカロッツェリアから、仕事の依頼を受けたのは一ヵ月前。
『パレルモの資産家からオーダーのかかったAlfa Romeo GTV特別仕様車を
イタリアを南下し、シチリアまで陸送して欲しい。』
陸送も資産家からのオーダーとのことだった。

四月だというのに、ミラノを出発してからずっと冷たい霧雨の日が続いていた。
途中いくつか寄ったアウトストラーダのサービスエリアでは、
従業員も、軽食をとっている長距離トラックの運転手も、外国から来た観光客も、
気のせいか、みな一様に悲し気な面持ちに見えた。

冷たい霧雨に周囲された悲し気なサービスエリアでは、
つい、いろいろなことを考えてしまう。
気がつくと、エスプレッソのカップをじっと見つめながら
これからのこと、妻のこと、子供のこと、両親のことなどをくり返し考えてしまう。

だが、こごえながら、エクリプス グレーのAlfa Romeo GTVに戻り
派手でモダンで真っ赤な内装の室内に体を落ち着けると
いろいろな考えは自然に消えてしまう。
イグニションキーをまわすと、心地よい勢いでV6エンジンが始動する。
この瞬間いつも、クルマが目を覚まし笑ったような気がする。
エンジンを6000回転まで上げながら、シフトを積み重ねて
アウトストラーダを南に向かう。
音楽はかけない。このエンジン音以上に快楽的な音楽を思い付けない。

フェリーの室内は、暖房が壊れていてひどく寒い。
近くの席の男が、泣いている恋人にずっと話しかけている。
女が売店で、子供用の酔い止めと風邪薬はないかと大声で聞いている。
そういえば、資産家は、最近子供を亡くしたらしい。

車の収容階に降りてゆく。
不敵な笑みを浮かべたようなフロントフェイスのAlfa Romeo GTV が、
他の車の中で、じっと始動を待っている。






Palerumo

[PR]
by ayu_livre | 2007-06-24 01:35