transit

Paris Louvre

ルーブル美術館の地下のショッピングアーケード。
CDはいつも、ここのヴァージンメガストアで買っている。
世界中からの観光客で混み合っているし、来るのも不便。
だけど、New OderやBelle&SebasstianやSonic YouthやCommonや
Curtis MayfieldやPrinceやMiles DavisやCasalsやRyuichi Sakamotoや
StonesやAirやSerge GainsbourgやCaetano Velosoなんかを
ルーブル美術館の地下で買えるのは、世界広しと言えどもここだけ。
なんだか、音楽の美術品を買ったような気分になるのがいい。
とても大事に聴いてしまう。

今は、働きながら小説を書いてる。
ギターで曲もつくってるんだけど、人の前で演奏する気にはまだなれない。

彼女は、僕の小説や音楽にあまり興味がないらしい。
僕の音楽どころか、たいていの音楽は、彼女の耳にはピンとこないみたい。

彼女が好きなのは、Robert Johnson、Junior WellsとTaj Mahalなんかのブルース、
最近のではなによりもBen Harper。

僕はいつでも、敏感に今の音に反応して、いろいろなジャンルを聞きながら
音楽を深く理解しているつもりになって、ついうんちくをしゃべりたくなってしまう。
でも、キッチンでタバコを吸いながら、Robert Johnsonの
〈Stop Breakin Down〉に合わせて体を揺らしている彼女を見ていると、
密かに、かなわない、なんて思ってしまう。
後で、こっそりRobert Johnsonを聞き直し、はまってしまったりする。

前に、「給料がうんと増えたら、なにに使う?旅行?服?」と彼女に聞いたことがある。
間髪を置かず彼女は「ブルースのCD買い占めるよ」と答えた。

明日は彼女の誕生日。
プレゼントに、今の僕の小説なんかをあげても彼女はあまり喜ばないだろうから、
ヴァージンメガストアのブルースコーナーで
John Lee HookerとMississippi John HurtのCDを買った。

いつか、彼女も興味を示すような小説や音楽がつくれれば、と思う。




Paris Louvre

[PR]
by ayu_livre | 2007-09-30 00:42