transit

Paris Champs-Elysees

おにいちゃんが働きはじめてから、一緒に出かけるのはひさしぶりだった。
おにいちゃんとわたしは歳が一五コはなれている。

その日、ママが、鍵のかかる病院に入った。
帰る時、おにいちゃんは、病院の人に「よろしくお願いします」と頭を下げた。
パリに戻る電車の中では、ずっと泣きそうな顔をしたまま、なにもしゃべらなかった。
わたしは、背中がぴんとのびるようなキレイなものや、すてきなものを、
なるべくたくさん思い出そうとしていた。



ギャラリーラファイエットの真っ赤なクリスマスツリー、

オペラ・ガルニエのショップで見たエトワールのポストカードセット、

自然博物館の動物たちの静かな目、

サンジェルマン・デ・プレ教会の裏の家具屋さんのテーブルの飾り方、

ビッシー通りの文具屋さんの、トカゲのかたちをした金色のしおり、

〈Super Freak〉という悲しいメロディの歌、

パッシーの植物みたいな家の門、

ピエール・エルメのショーケースにパレットみたいにならんだマカロン、

プジョーアヴェニューで見た昆虫みたいなプジョーの未来のクルマ、

サンジェルマン・デ・プレ教会のガラスと鉄でできた扉がつくる陰、

冬のサーカスで身体がすごくやわらかい女の子たちが踊ったときの水の中みたいなライトの色、

アラブ世界研究所の窓からのぞいた冬のエッフェル塔、

ラパンアジルで、歌手の人が使っていた手回しオルガン、

表紙と裏の表紙をくっつけるとすてきなメゾンができあがる飛び出す絵本、

ギャラリージェフロアのお店に飾ってあった、雪がつもっているドールハウス、

プランタンの青い青いガラスのドーム、

コンコルド広場の白い白い観覧車...。



おにいちゃんが、「にぎやかなところで、なにか食べよう」と言って、
電車を乗り換えて、シャンゼリゼで降りた。

クリスマスのシャンゼリゼは、やっぱり人でいっぱいだったけど、
いろんな国の人や、あかりで飾られた並木に囲まれていると、ちょっとほっとした。

凱旋門の近くのカフェに入って、ピザを食べた。
しばらくしてから、おにいちゃんが話しかけてきた。
「これからクルマ買いに行きたいんだけど、つきあってくれる?
 青くて、屋根が開いて、Alfa Romeoっていうクルマなんだけど」
わたしは、こくんと、うなずいた。

それから、久しぶりに手をつないで、すごい人通りのシャンゼリゼを歩き出した。

それが、おにいちゃんが青いAlfa Romeoを買った日のこと。



Paris Champs-Elysees
[PR]
by ayu_livre | 2008-12-21 10:54